ダレトク動画フリーク

ダレトクの動画が好きな人のためのブログです

ダレトク7月10日放送分の動画「キモうまグルメIN THE WORLD(アメリカ・カナダ)」の見どころ牧野ステテコが大活躍

ダレトク7月10日放送分の動画「キモうまグルメIN THE WORLD(アメリカ・カナダ)」の見どころを紹介します。

今回はキモうまグルメ初参戦の牧野ステテコさんが意外な大活躍でした。もちろん生物ハンターの平阪ひろしさんも健在です。

ダレトク7月10日放送分の動画「キモうまグルメIN THE WORLD」の無料視聴方法

ダレトク7月10日放送分の動画「キモうまグルメIN THE WORLD」ですが、実は無料で視聴する方法があります。

見どころを知りたいけども、自分で視聴できるならもっとありがたいという人のために、その方法を別ページでまとめておきました。

ダレトクの動画を視聴したいという人はそちらをチェックしておいてください。

⇨ダレトク7月10日放送分の動画「キモうまグルメIN THE WORLD」を無料視聴する方法をチェックする

ダレトク7月10日放送分の動画「キモうまグルメIN THE WORLD(アメリカ編)」

まずはアメリカのカリフォルニアで、ネバネババナナモンスターに挑戦とのこと。平坂さんによると体内に寄生虫を持っていて、食べると死ぬ危険もあるとのこと。

最初からかなりヘビーな相手です。

現地では平阪さんの友達の捕獲のプロが案内してくれます。ちょっと悪そうな友達でした。

早速森の中を探す一行。サソリが落ち葉の中から出てきます。ムカデやサンショウウオを次々と捕獲する一行。 野生の宝庫です。

なかなかネバネババナナモンスターが出てこないので牧野ステテコさんのパワースポットパワーでネバネババナナモンスターをゲットです。その様子を見た有吉さんはあまりのゲテモノぶりに「これはだめだ」と絶叫です。

自分が参戦したキモウマグルメではかなり積極的だった有吉さん、そんな有吉さんが絶叫とは相当なゲテモノです。

その正体はバナナナメクジでした。それも意外にでかいです。ヤバイです。接着剤のような粘液で身を護るらしいです。

そんなバナナナメクジを何匹も捕獲しました。

バナナナメクジを調理開始

まずは寄生虫を殺すために100度で2分間煮沸。「2分じゃ足りないよ」と有吉さん、確かに2分じゃ不安です。

日本酒で粘液を取り除き、内蔵も取り除きます。かなりの衝撃映像です。キモ過ぎてチャンネル変えそうです。ここで脱落した人がかなりいるはずですね。

そして焼いていきます。「こうなると鮎だ」と有吉さん。ここまで来るとキモさはあまりなくなっていました。

そしてついに試食です。初キモうまにしてはハードルが高いですが、牧野ステテコさんが挑戦です。パクリといった感想は「貝みたいでうまい」とのこと。

そしてナメクジは元々貝なんです、と平阪さんの冷静な解説。

さらにバナナナメクジをチョコバナナ風に調理する一行。チョコバナナナメクジの完成です。これも食らいつく牧野ステテコさん。「歯ごたえ気持ち悪い、味は悪くはない」とのこと。ステテコさん超ポジティブです。

ダレトク7月10日放送分の動画「キモうまグルメIN THE WORLD(カナダ編)」

次はカナダのバンクーバーでトゲトゲモンスターに挑戦です。

トゲトゲモンスターは海にいるということで、ダイビングスーツで海に潜り調査です。

早速、平阪さんが発見します。これは巨大ナマコでした、これも十分キモいですが今回のターゲットではありません。

そしてついにステテコさんがウニのような生物を捕獲。その正体はアメリカオオムラサキ、直径は20CMで1キロを超える重さ。

ウニの沢山ある内蔵を食べるステテコさん、これは臭いとのこと。そしてウニ部分はウニ丼として調理、こうなると普通にうまそうです。

「サイコー」とステテコさん、平阪さんも「うまい」とのこと。これはキモうまグルメとしては珍しい激ウマでした。

まとめ

今回はダレトクのキモうまロケとしては珍しく海外でした、そして初登場の牧野ステテコさんの予想以上の検討が目立ちました。

登場したネバネババナナモンスターは過去のキモうまロケの中でもトップクラスのグロテクスさでした。キモうまロケが好きな人にとっては見応えありです。そうでない人にとってはちょっときついかもしれません。